分配金再投資で口数が増えると、大幅な利益に繋がる可能性あり?(Jun.2014) | ますい画伯とインデックス投資?

HOME > 毎月分配型について >

分配金再投資で口数が増えると、大幅な利益に繋がる可能性あり?(Jun.2014)

2014-06-01

こんなコメントを見つけました




こちらはcubさんのブログのエントリーです。
さすが人気ブログだけあってコメントもたくさん寄せらますが、その中にこんなものがありました。


Eさん(仮名)
「寧ろ、下げ相場の場合、評価額が変わらずに口数が増える状況になります。将来、基準価格が持ち直した時に、大幅な利益に繋がる可能性があります。上げ相場の時は、約20%の税金取られるくらいはキニシナイ&下げ相場の時は、口数が増えて将来に期待!ってことになりますからね。」
(一部抜粋です。全文は上のリンクよりご確認ください。)


自分のブログには、最近こんなおいしいコメントはつかないので、ちょっとうらやましく思い、横からつまみ食いしてみます。

スポンサーリンク

まずは基本から


分配金の分だけ基準価額は下がります。
基準価額が10,000円のファンドから200円の分配が出たとします。
毎月分配型140501
20,000円の分配金が出ますが、基準価額も200円下がるので、評価額は980,000円になります。
これが普通分配でも元本払戻しでも同じですが、普通分配の場合はさらに税金が引かれます。


元本払戻しを再投資したとします


毎月分配型140504


元本払戻しを再投資し続け、それ以外の動きはないものとします。
200円の元本払戻しが25回出て、基準価額が5,000円下がりました。
再投資なので評価額(面積)は変わらず横長になり、口数は200万口になります。

では、「寧ろ、下げ相場の場合、評価額が変わらずに口数が増える状況になります。将来、基準価格が持ち直した時に、大幅な利益に繋がる可能性があります。」はほんとでしょうか?

確かに、右の図(分配型)の場合は基準価額が5,000円増えたら大幅な利益(2倍)になります。
左の図(無分配)のままだと基準価額が5,000円増えても150万円にしかなりません。

しかし、この比較は正しいのでしょうか?おかしいですよね?

基準価額が右の図(分配型)は5,000円→10,000円で2倍、左の図(無分配)は10,000円→15,000円で1.5倍にしかならないからこういう結果になるだけで、口数が増えているからではありません。
左の図(無分配)のままでも、基準価額が2倍になればちゃんと200万円になり同じです。


ちなみにEさん(仮名)は、基準価額の変化が、
分配型:9,400円→10,000円
無分配:10,000円のまま
でシミュレーションしてらっしゃいましたが、これで分配型が勝つのは当たり前です。




最後に


「上げ相場の時は、約20%の税金取られるくらいはキニシナイ&下げ相場の時は、口数が増えて将来に期待!ってことになりますからね。」

こうなると、もう気持ちの問題ですね…
このEさん(仮名)が最後に言うのには、「アベノミクスで基準価格が徐々に復活していき、最初に購入時の評価額に戻ったのは、全て毎月分配型でした。」とのことです。

誰も、毎月分配型では儲けられないと言ってるのではありません…


cubさん、余計な口を出してすみませんでした。
これからも、コメントのやり取り楽しみにしてます。



毎月分配型について / コメント : 6



この記事に関するツイートはコチラまで。

Twittericon.jpg

当記事は、2014年06月01日のものです。
同一カテゴリの最新情報は「毎月分配型について」のトップをご覧ください。





HOME

HOME(PC版)

[カテゴリ]
[国内株式日記] [国内債券日記]
[先進国株式日記]
[新興国株式日記] [海外債券]
[サテライト運用日記]
[NISA口座日記] [毎月分配型日記]
[運用成績日記]
[投資・ブログ方針] [雑記]