ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 新興国株式日記 >

インデックス投資実践記~新興国株式編

吊ら男さん

吊られた男の投資ブログ (インデックス投資)
『配当なし指数を連動対象としているインデックスファンドはいらない』


吊ら男さんの記事はわかりやすいですね。

当ブログでは、新興国株式日記のついでに、MSCIエマージング・マーケット・インデックスの配当込みかなしかについて、最後にまとめてみました。



新興国株式インデックスファンドまとめ


インデックスデータ
2015/9/25
信託報酬(税込)信託財産
留保額
純資産
(億円)
ひとこと
目論見書実質コスト
M
S
C
I





eMAXIS新興国株式0.65%0.91%
2015-1
0.3%224.9純資産額がこの中で最大。
SMT 新興国株式0.65%0.94%
2015-5
0.3%114.9年2回決算。
インデックスファンド海外新興国株式0.59%0.94%
2014-11
0%53.6諸費用が別途0.1%かかる。
旧、年金積立。
Funds-i 新興国株式0.65%0.87%
2014-9
0.3%15.4実質コストは安いが、純資産が少ない。
i-mizuho 新興国株式0.63%0.95%
2015-5
0.3%1.8販売チャネル拡大中。実質コストはあくまで概算(※参照)。
New!三井住友
DC新興国株式
0.60%0.97%
2014-12
0%1.1信託報酬安いが、先物使用のせいか実質コストは高い?
FT
SE
EXE-i 新興国株式0.25%
FOF 0.14%
0.56%
2015-5
0%20.9ETFを組み合わせた非インデックス。SBIポイント対象外。


  • ※i-mizuho 新興国株式は、ファミリーファンド方式をうたっていながら、マザーファンドを通じてiShares Core MSCI Emerging Markets ETF(総経費率0.18%)に約99%投資してます。
    (訂正)ファンドオブファンズのように書いてましたが、ファミリーファンド方式です。
  • EXE-i の参考指標はFTSE・エマージング・インデックスで、他のMSCIエマージング・マーケット・インデックスとは違うので、比較は参考程度にしてください。


三井住友・DC新興国株式インデックスファンドは一般売りが始まったばかりです。
純資産額はまだ1.1億円しかなく、1年の騰落率(後述)もいい方ではありませんが、今後に期待したいところです。

この中で、自分はをつけた2ファンドに投資しています。



今月のインデックス投資実践記~新興国株式編はこちら。


新興国株式150901


銘柄約定日9月24日




eMAXIS新興国株式
@SBI証券
(決算日)1月20日
基準価額
平均取得
保有口数
総投資額
11,857
10,116
968803口
¥980,000
評価損益
評価損益率
¥+165,222
(+16.9%)
(年金積立)インデックス
ファンド海外新興国株式
2013/10/9 全売却
売却損益
税金
分配金(税込)
¥+156,892
¥-15,919
¥534
損益計
損益率
¥+141,507
(+15.7%)
EXE-i 新興国株式
@SBI証券
(決算日)5月12日
基準価額
平均取得
保有口数
総投資額
9,442
11,081
126346口
¥140,000
評価損益
評価損益率
¥-20,708
(-14.8%)
合計¥+286,021
(損益は信託財産留保控除後。)


赤丸のところで、それぞれ1万円ずつ積み立てました。

たまたま下がったところで購入できてラッキーでしたが、そのおかげで最大70万円近くあった利益が+286,021円まで小さくなりました。これはこれで、毎月自動積み立てしていきます。

今月は、各ファンドの騰落率とベンチマークとの乖離について調べてみました。



MSCIエマージング・マーケット・インデックス配当込み?込まず?


インデックスデータ
2015/9/25
1年騰落率(8月の月報より)ベンチマークは?
ファンドベンチマーク
M
S
C
I





eMAXIS新興国株式-11.1%-11.9%+0.8%「配当相当分を含まないインデックス。」
SMT 新興国株式-10.8%-11.9%+1.1%「べンチマークが配当相当分を含まない指数である…」
インデックスファンド海外新興国株式-10.9%-11.9%+1.0%おそらく配当含まない。
Funds-i 新興国株式-10.7%-9.4%-1.3%配当込み
i-mizuho 新興国株式-9.5%-11.9%+2.4%「ベンチマークには配当金の受け取りが反映されない」
三井住友
DC新興国株式
-11.0%-9.4%-1.6%配当込み


なぜか、i-mizuho新興国株式インデックスの1年騰落率が-9.5%で一番良くなってます。

しかし、インデックスファンドは、適切な価格で売買するためにトラッキングエラー(指数との乖離)が小さい方が優秀だとされるので、これだけでi-mizuho新興国株式が一番とは言えません。

そこで月報を見てみると、配当を含まないベンチマークは-11.9%で+2.4%も上方乖離してます。
上ブレとはいえ、これではインデックスファンドとしては問題アリです。

しかし、ためしに配当を含まないインデックスと比べてみるとどうでしょう?
(-9.5%)-(-9.4%)=-0.1%で、コスト分くらい下回ってるようなイメージじゃないですか?

これはやっぱり、吊ら男さんの言うところの、

現実的には、先に書いたような「本気で配当なし指数に連動を目指しているファンド」は無いと思います。大体は、配当なしの指数を連動対象と掲げていながら、運用上は配当込みの指数へ連動を目指しています。



ということなんでしょうね?

それにしても、決してコストの安くないi-mizuho新興国株式インデックスの騰落率がなぜか一番いいことが気になりました…
これからも観察していきます。




スポンサードリンク



当記事は、2015年09月27日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「新興国株式日記」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/954-88d2b629

投信ブロガーの吊られた男さんが、今後は配当込み指数に連動した投資信託に投資していくという強烈な決意表明をしています。 (吊られた男の投資ブログ) 配当なし指数を連動対象としているインデックスファンドはいらない 自分はここまで大きな決断こそできませんが、インデックスファンドは配当込み指数をベンチマークにしていくべきだという考えには大々的に同意です。 すべての運用会社...

COMMENT▼
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No Subject

名無しさん

勉強になります。
でも、i-mizuho新興国株式インデックスはちょっとよくわかりませんね。
資産額も小さいし、償還日も決まってるし、あまりいいとこないですね。

コメントありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 新興国株式日記 >
インデックス投資実践記~新興国株式編

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記