ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

i-mizuho 新興国株式インデックスファンドよ、大丈夫か…?追記あり

  CM:1 

kenzさん


この時計を手に入れたので、誰かを召喚してみましょう(オンマウス)。
そういえば、この方はi-mizuho 新興国債券インデックスの繰上償還を記事にされてましたね…



この償還の早さには驚きましたが、ではi-mizuho 新興国株式インデックスはどうなんでしょう?
新興国株式日記のついでに見てみましょう。



新興国株式まとめ


カテゴリデータ
2015/7/21
信託報酬(税込)信託財産
留保額
純資産
(億円)
受益権口数
<繰上償還
目論見書・月報実質コスト




eMAXIS新興国株式0.65%0.91%
January 2015
0.3%263.5182.1億口
<10億口
SMT 新興国株式0.65%New!0.94%
May 2015
0.3%139.055.8億口
<10億口
インデックスファンド海外新興国株式0.59%0.94%
November 2014
0.3%64.164.1億円
<10億円
EXE-i 新興国株式0.25%
FOF 0.14%
0.58%
May 2014
0%24.120.8億口
<5億口
Funds-i 新興国株式0.65%0.87%
September 2014
0.3%17.312.5億口
<30億口

i-mizuho 新興国株式0.63%0.95%
May 2015
0.3%2.21.7億口
<30億口


  • 自分はに課税口座で投資しています。
  • EXE-i シリーズは、SBI証券ではマイレージポイントが付きませんが、楽天証券ではハッピープログラム(残高10万円ごとに4ポイント)の対象になります。
  • EXE-i 新興国株式はETFを組み合わせたもので、厳密にはインデックスファンドではありません。他とは指標も違うので、比較は参考程度にしてください。



(追記)i-mizuhoは99%をiShares Core MSCI Emerging Markets ETFに投資してるので、その信託報酬0.18%を追加して考えた方がいいかもしれません。
(訂正)ファンドオブファンズのように書いてましたが、ファミリーファンド方式です。

Funds-i と i-mizuhoは、30億口という繰上償還の基準を満たしてしまっていますね。
特に、i-mizuho 新興国株式には2028年までという信託期間が設定されています。

販売チャネルを増やしていく動きもあるそうですが、インデックスファンドには致命的な期限付きという足かせのあるこのファンドの受益権口数が、これから爆発的に増えるとも思えません。

30億口という(一応の)基準も、売れると思って強気に設定したのか、いつでも撤退できるように弱気の虫でわざと高くしたのかわかりませんが、さすがに今のままでは心もとないですよね。

今後どうなっていくのか、要注目です…



自分が積み立ててるのは、この2つ。


新興国株式150705


銘柄約定日7月21日




eMAXIS新興国株式
@SBI証券
(決算日)1月20日
基準価額
保有口数
総投資額
14,487
952753口
¥960,000
評価損益
評価損益率
¥+416,023
(+43.3%)
(年金積立)インデックス
ファンド海外新興国株式
全売却
損益(税込)
¥+141,507
EXE-i 新興国株式
@SBI証券
(決算日)5月12日
基準価額
保有口数
総投資額
11,514
106228口
¥120,000
評価損益
評価損益率
¥+2,305
(+1.9%)
合計¥+559,835
(損益は信託財産留保控除後。)


インデックスファンド海外新興国株式はもう全売却して、今はeMAXIS新興国株式とEXE-i 新興国株式という無難な2つを積み立てています。
目安は、多くてもアセットアロケーションの10%程度として、月々もこれくらいに抑えていきます。



最後に


しばらくは、各アセットクラスで繰上償還の基準についてみていきます。


イラストはしょうかん違いでしたね…

当記事は、2015年07月22日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「新興国株式日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

1 Comments

-
「管理人のみ閲覧できます」
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.23 17:06 | [edit]

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/943-7df43f9a