ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

Funds-i 外国株式 為替ヘッジ型を売却したぼー!

  CM:0 

うりぼーにゃん


うりにゃん(?)です…


先進国株式クラスまとめ


カテゴリデータ
2015/1/20
信託報酬(税込)信託財産
留保額
純資産
(億円)
受益権口数
<繰上償還
目論見書実質コスト




SMT グローバル株式0.54%0.60%
November 2014
0.05%426.5309.4億口
<5億口
eMAXIS 先進国株式0.65%0.69%
January 2014
0%255.9120.7億口
<30億口
外国株式
インデックスe
0.54%0.58%
February 2014
0%137.470.9億口
<30億口
<手数料なし>
ニッセイ外国株式
0.42%New!0.53%
November 2014
0%69.657.1億口
<30億口
EXE-i
先進国株式
0.25%
(FOF)0.11%
0.48%
May 2014
0%28.321.0億口
<5億口
ヘッ
ジ型
Funds-i 外国株式
為替ヘッジ型
0.59%0.63%
September 2014
0%6.15.0億口
<30億口


  • このまとめについての説明は、コチラをご覧ください。
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の運用報告書がやっと更新されました。
  • 目論見書には繰上償還について記載があるので、現在の受益権口数を計算してみました。


Funds-i 外国株式為替ヘッジ型を売りましたが、受益権口数が少なかったからではありません。



まずは売却結果


外国株式150102

まずまずの利益ですが、イマイチポイントも2つあります。

  • 税金を引かれてる。

    こんなところで11,963円も納税してしまいました。
    しかし、これは言ってもしかたありません。

  • 為替ヘッジしてなければもっと儲かってた。

    ここでヘッジ型を売却するのってどうなんでしょう?
    スジが悪いのは重々承知ですが、これも言ってもしかたありません。




では売却理由は?


  • 為替リスクは先進国株式クラスで取りたい

    円安に賭けるわけではありませんが、どうせなら為替リスクはここで取ることにします。
    その分、メインの<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式に厚く投資していきます。

  • ヘッジコストが高くなる?

    米ドルでヘッジしてるので、米国の金利上昇で、将来ヘッジコストが高くなるかもしれません。
    期待リターンは大きくないのに、はっきり見えない余計なコストは払いたくありません。

  • 投資もブログもシンプルに

    昨年末から、金の果実を売り、Funds-i 新興国債券ヘッジ型を売り、豪ドルMMFも売りました。
    投資方針をわかりやすく、シンプルにしていきます。


そして、現在のアセットアロケーションはこうなりました。

アセットアロケーション150102


気になったので、委託会社別の割合も出してみました。


アセットアロケーション150104


野村さんは、NISA内のFunds-i内外7資産バランス・ヘッジ型の15万円だけになりました。
信用してないわけではありませんよ…



最後に


こんな感じで、たまには売ることもあります。
10年、20年先を考え、今のうちに、わかりやすくて続けやすい投資方針に修正していきます。


当記事は、2015年01月21日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「先進国株式日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

0 Comments

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/873-63491960