ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

ドル円が100円を切るまでは、米ドルMMFの積み立てを凍結します。

  CM:0 

米ドルMMF141002

米ドルMMFまとめ


銀行
証券会社
為替
手数料
積立備考



M
M
F
ソニー銀行±0.15外貨預金を介して購入し、外貨として出金もできる
為替手数料優遇ステージあり、外貨預金は積み立てあり
松井証券±0.20×ゴールドマン・サックス米ドルMMFのみ
カブドットコム証券±0.20銀行引き落しに対応
マネックス証券±0.25月中平均残高の0.08%のポイントが付与(積立購入分だけ)
楽天証券±0.25×シティバンク銀行へ出金(有料)すれば外貨のまま出金できるが、今後どうなるかは不明。
SBIネット銀行±0.09×外貨MMFの取り扱いはなく、外貨預金のみ
米ドル預金はSBIカードの決済に充当できる→コチラ
SBI証券±0.25×SBIネット銀行→SBI証券に手数料無料でドル入金する方法


外貨預金を介して外貨建てMMFを購入するとしたら、注意点として以下のことがあります。


  • 外貨預金にしてある期間は、預金保険の対象外である。
  • 2016年までに利益確定するなら、為替差益非課税になる証券会社の方がお得かもしれない。
  • 外貨建てMMFは特定口座に入れられないので、円に戻す時に為替差益が出ていると、確定申告が必要になる場合がある。



今月も積み立てをお休み!


最初はカブドットコム証券とマネックス証券で積み立てていましたが、そちらは全て利益確定して、今はSBIネット銀行の外貨預金を介してSBI証券で購入しています。
それは、どうせ2016年から外貨建てMMFの為替差益に対して課税されるようになるなら、為替手数料の安いSBI(±0.09円)で買っておいた方が有利になるのではないかという目論見からです。


米ドルMMF141003


銀行
証券会社
項目月末再分配
SBIカード決済
今月の積立
SBIネット銀行

SBI証券
USD(MMF)
レート(仲値)
取得金額
使用USD
評価損益
$0.22




なし




$2506.97
$107.94
¥251,508
$-85.71
¥+18,868
カブドットコム証券売却損益(全売却)
米ドルMMFを全売却、SBIネット銀行で取引開始!(Jun.2013)
¥+63,392
マネックス証券売却損益¥+62,556
損益合計¥+144,816



  • グラフと表中のレートは、カブドットコム証券から引用した米ドルMMFの仲値です。
  • 使用USDは、SBIカードのオンラインチェックで米ドルとして決済した額です。
  • 評価損益は、帰りのスプレッドまで含めた概算です。



ドル決済用の貯金みたいなつもりです。
しかし、こんなに急激に円安に振れるなんて誰が予想できたでしょう?

SBI証券に乗り換えて、為替差益非課税になる権利を放棄してしまっていました。
あのままカブコムとマネックスで積み立て続けてれば…
タラレバは禁物ですね…

ちょっと早いですが、今月も投資はお休みします…
タイトルにも書きましたが、積み立てを再開する目安はだいたい100円/ドルです。

どうなることやら…



最後に


外貨建てMMF日記のカテゴリーを、米ドルMMFと豪ドルMMFに細分化しました。
両通貨を同じエントリーにしたものや、昔やっていたユーロMMF等は米ドルに入れてます。

それぞれ異なった方針で積み立てていきますので、よろしければこれからもご笑覧ください。


当記事は、2014年10月14日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「外貨建てMMF」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク



0 Comments

コメントする





管理者にだけ表示を許可する