ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 先進国株式日記 >

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)ETFの信託財産留保について謝罪と訂正。

ぶしにゃんではありません


真剣にすみません…


当ブログにおいて、今までMAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信の信託財産留保額が0.1%であると書いてきましたが、それは誤りでした。


三菱UFJ投信株式会社のホームページには…


1550訂正


これを見て、0.1%かかるものだとすっかり信じて疑ってませんでした。
しかし、Twitterにおいて正統派ブロガー御三方からご指摘をいただき、誤りに気づきました。



みなさんアリガトウございます。


まずは、水瀬ケンイチさん(‏@minasek)です。

「そのETFの信託財産留保額は、中の人たちが設定・解約する時の話で、私たち市場で売買する投資家にはかからないものですよ。」


このときは、自分にはまだ何のことかピンときてませんでした。
ホームページにはちゃんと書いてるし…とか思ってると、この方の登場です。


『ひと手間くわえた積立投資で資産形成』という、一目見ただけでこことは違うステージにあることがハッキリわかるブログの運営者、森村ヒロさん(@HiroD51、OPV)です。

「ETFの目論見書ややこしいですよね。指定参加者などの中の人向けと、市場で売買する人向けが区別されてないので。ETFの市場での売買は受益権のやり取りだけで、信託財産を崩してるわけではないので留保は発生しないと理解してます。」



なぜそんなことを知ってるんでしょう?
そして、見るに見かねた吊ら男さん(@tsurao)も、当該記事を紹介してくださりました。

「MAXIS海外株式(1550) の運用形態は、資産規模が大きく連動性の高い運用実績を有するこの「外国株式インデックスマザーファンド」を活用する形で、ファンド・オブ・ファンズ形態で行う。このため、ETFの組成と解約は現物株を拠出して現物株に交換するのではなく、現金設定・現金解約の仕組みを採っている。ETF解約時の費用として信託財産留保額(0.1%)が発生するが、これはETFを組成した投資家が解約する際に負担するコストであり、取引所で換金売り注文を出す一般投資家には関係しない。(マネーライフより一部抜粋)」


ホームページに書いてあった信託財産留保額は、ファンド・オブ・ファンズ方式で、中でマザーファンドに投資する人達が払ってたんですね…


一般投資家である自分が実際に売却しましたが、確かに信託財産留保額は引かれませんでした。
(参考)MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信から撤退した理由。



まとめ




MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)ETFを売却しても信託財産留保額はかかりません。
当ブログの過去記事は、可及的速やかに訂正していきます。

申し訳ありませんでした。




スポンサードリンク



当記事は、2014年10月08日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「先進国株式日記」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/814-bd712c50
COMMENT▼
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 先進国株式日記 >
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)ETFの信託財産留保について謝罪と訂正。

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記