ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 新興国株式日記 >

年金積立インデックスファンド海外新興国株式を売却した言い訳…(Jun.2014)

新興国株式まとめ



銘柄信託報酬信託財産
留保額
運用資産
(百万円)
運用年数
目論見書運用報告書




eMAXIS新興国株式0.65%0.87%0.3%19,1354年7カ月
SMT 新興国株式0.65%New!0.95%0.3%11,3365年6カ月
年金積立インデックスF海外新興国株式0.59%
(0.69%)
0.88%0.3%4,8426年2カ月
Funds-i 新興国株式0.65%0.84%0.3%9513年6カ月
EXE-i 新興国株式ファンド0.25%
(0.44%)
5月決算0%8801年1カ月
SMT アジア新興国株式0.65%1.07%0.3%7942年6カ月
i-mizuho東南アジア株式0.68%注1)
5月決算
0.3%4249カ月
i-mizuho新興国株式0.63%注1)
5月決算
0.3%1189ヵ月



  • 銘柄は独断と偏見で選んでます。(…積み立て中)
  • 信託報酬は8%の税込みで小数点以下第三位を四捨五入、カッコは目論見書での実質値、運用報告書は概算です。

  • SMT 新興国株式の運用報告書が更新されましたが、実質信託報酬はやや高めでしたね。
  • SMT アジア新興国株式は「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」が改名したもので、運用報告書も以前のデータで計算してます。
  • i-mizuhoシリーズは、2028年償還の期限付きです。


注1)kenzさんのブログでは既にi-mizuhoシリーズの実質信託報酬を出しているのに、みずほ証券のホームページではまだ運用報告書が更新されてませんでした。
どこでデータ拾ってきてるんでしょう?kenzさん、さすがです…

(参考)インデックス投資日記@川崎『i-mizuhoインデックスシリーズ株式ファンド9本の実質コストまとめ』

(追記)
このように遠回しに質問したところ、優しいkenzさんがブラックロック・ジャパンのホームページを教えてくれました。Hvala(ありがとうございました)!


今月の積み立て


新興国株式140601


今月も3万円積み立てました。
しかし、こう見ると、なんで年金積立インデックス海外新興国を売ったんでしょう?
(参考)年金積立インデックスファンド海外新興国株式を全売却!(Oct.2013)


なぜ年金積立を売ったのか?


このときの言い訳は下の3つです。

  • eMAXIS新興国株式1本に絞って、管理をシンプルにしたかった。
  • もう少し新興国株式クラスの資産配分を下げてリスクを抑えたかった。
  • 軽減税率が適用されているうちにリバランスしたかった。


そして、アセットアロケーションは、こう変化しました。

アセットアロケーション131006


これは、つい先日書いた、売却していい”マイルール”の2番目、「そのアセットクラスの配分が大きくなり、リバランスが必要な場合」に当てはまらなくもありません…
(参考)長期投資における利益確定について、現在の考えをまとめました(Jun.2014)


しかし、反省


15,919円の税金と、約3,000円の信託財産留保(0.3%)を払うのはもったいなかったですね。
結果論ではなく、もしその後下がっていたとしても、売ることはなかったなと反省してます。
アセットアロケーションを短期間で大幅には変えられませんが、「積み立てをストップする」という方法の方がよかったのかもしれません。

利益確定については、これからもいろいろ考察していきます。
反省反省…




スポンサードリンク



当記事は、2014年06月22日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「新興国株式日記」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/748-85b80b7c
COMMENT▼
前向きにいきましょう

利益に対する税金はいずれは支払うことになります。支払いを前倒しにしたことでその税金分の複利効果を失いましたが微々たるものです。一方で税率が10%のうちに売却したことで良しとしましょう。また途中売却を実際に行ってみて、その意義がどれだけあったのか、自分なりの振り返りが大事かと思います。いずれにしても最も重要なのは投資の継続ではないでしょうか。(バラバラコメントご容赦ください。)
Re: 前向きにいきましょう

たしかに、売却した時は満足してたんですよね…
結果論ではなくと書きましたが、やっぱり(ここまでの)結果を見て反省してる面もあるのかな?

WATANKOさんのおっしゃるとおり、振り返るのも勉強ですね。
今後に生かすために、今までした売却について、折りに触れては書いていこうと思います。

コメントありがとうございましたヽ(´―`)ノ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 新興国株式日記 >
年金積立インデックスファンド海外新興国株式を売却した言い訳…(Jun.2014)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記