ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 毎月分配型について >

「元本払戻しは損ではない」はホント?(May 2014)

元本払戻しについての過去のエントリー


特別分配は損?(Dec.2011)

過去に、特別分配(現在の元本払戻し)についてこのようなエントリーを書いてました。
このときの結論は以下の2点でした。

  • 元本払戻しでは損切りにはならない。
  • 元本払戻しは損ではない。


当ブログでは「各エントリー中の情報や考えは、あくまでその当時のものです」と免責事項に書かせてもらってますが、この結論についてもう一度考えてみました。


おさらい


基準価額が1万円のときに100万円投資したところ、10万円の含み損を抱えたとします。

毎月分配型140502

分配金が200円出ても、含み損は10万円のままで損切りにはなってません。
よって、元本払戻しは損ではありません。


ということで、最初に書いた結論となりましたが、ここで1つの疑問がわいてきました。


本当に元本払戻しは損じゃないのか?


「元本払戻しでは損切りにはならない」は図の右にある計算式のとおりです。
しかし、「元本払戻しは損ではない」はホントでしょうか?

確かに含み損は変わってませんが、評価額が90万円のときの含み損10万円と、評価額が88万円のときの含み損10万円を同じとして考え、損得なしとしていいんでしょうか?
損益を率で言えば後者の方が大きいのでは?

しかしよく考えると、評価額が88万円でも手元に2万円あるからやっぱり損得なしですよね…
ということで、「元本払戻しは損ではない」はホントです。
(購入手数料がかかっていたらその分は損ですが。)



最後に


投資資金が返ってくるのには、分配金で基準価額(高さ)を削るか、売却や解約で口数(横幅)を削るかのどちらかしかありません。
「元本払戻しは損ではない」と言いましたが、高さを削ってその分を返してもらっているだけなので、もちろん得でもありません。

「分配金はあくまでも基準価額の払い戻しにすぎない」ことは理解する必要があります。
(参考)毎月分配型についての雑記(May 2014)




スポンサードリンク



当記事は、2014年05月19日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「毎月分配型について」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/729-d2f52b41
COMMENT▼
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 毎月分配型について >
「元本払戻しは損ではない」はホント?(May 2014)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記