ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

新興国株式クラスの積み立て!実質コストが下がり、いよいよEXE-i?(Mar.2014)

  CM:0 

新興国株式クラスまとめ


新興国株式まとめ140302

(訂正)
先月までのまとめの中で、EXE-i新興国株式ファンドの実質信託報酬を間違えていました。
0.44%→0.43%の誤りでした。
単純な誤植が原因ではないかと思われます。
(追記:誤植ではありませんでした。)

申し訳ありませんでした。
これは、とよぴ~さんの記事を読んで、目論見書を見直して気づきました。




当ブログでは、目論見書が更新されてからまとめに反映させていきます。


ここまでの成績


新興国株式140301


成績はぼちぼちプラスです。
これからは、積み立て額は変えない(全体の約10%の4万円)でいくつもりです。


やっぱりEXE-i?


ここで最初のまとめに戻りますが、新興国株式クラスで信託報酬が最も安いのはEXE-iです。
しかも、この2月27日付で更に安くなってます!
韓国をほとんど含んでないという特徴も持ちます(eMAXISだと約15%)。

これは厳密にはインデックスファンドではないので並列には語れませんが、投資対象として十分に検討の余地があると考えます。
なのに、自分がこれに投資してない理由は、

1.SBIポイントがつかない。
2.運用報告書が出ないと、本当の実質信託報酬がわからない。

この2つです。

SBIポイントは最大0.2%と大きいので、SBI証券としても仕方ないところなんでしょうか…
本当の実質信託報酬が出て、もしSBIポイントまでみても遜色ないなら乗り換えも考えます。
ポイント制度も永遠ではないかもしれないので、そのリスクヘッジになるかな?

地合いを見て、NISAで少額買ってみるかもしれません。
初回の運用報告書が楽しみですね。


当記事は、2014年03月20日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「新興国株式日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

0 Comments

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/699-e718f41f