ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

新興国債券ヘッジ型は積み立ててるが、先進国債券はどうする?(Feb.2014)

  CM:0 

新興国債券まとめ140201


Funds-i新興国債券ヘッジ型を積み立てています。
自分は、当時ヘッジ型のインデックスファンドが珍しくて飛びついた感もありますが、実質信託報酬も安く、「世界分散投資」のために今後も末永く積み立てていくつもりです。

下が、ここまでの成績です。


野村新興国債券ヘッジ140201

(感想)
10日に積み立てがありましたが、今月から2万円に減らしています。

この評価損を抱えているときに減額するなんて逆なんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その理由は、6%を超えている現在のアセットアロケーション中の配分を、5%以内という目標に近づけていきたいからです。


このまま基準価額が下がり続けたらどうしようという不安もありますが、そのときは新興国債券が5%以内に収まってちょうどいいというぐらいに前向きに考えます。


ところで、迷っているのは先進国債券クラスです。

今のところは米ドル・豪ドルMMFで代替にしてるつもりですが、しっかり通貨分散するには先進国債券クラスのインデックスファンドも必須かなと思って見たり、期待リターンが低い割にはリスクが高いから不要かなと思ってみたり、悩んでます。

一応、まとめておきました。
海外債券まとめ140201


ありきたりですが、投資するならやっぱりニッセイさんかな…
もう少し考えます。

これからも、リスクを取りすぎることがないように世界分散投資を実践していきます。
どうなることやら…


当記事は、2014年02月14日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「海外債券日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

0 Comments

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/679-1912a46a