ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

米ドルMMF積立はスキップ、SBIカード米ドル決済が出口戦略?(Nov.2013)

  CM:2 

最初は、カブドットコム証券とマネックス証券で米ドルMMFの積み立てをしていましたが、今はSBI証券(SBIネット銀行の安い為替手数料で米ドルを仕込み、それをSBI証券に移してから米ドルMMFを購入)に切り替えてます。

現在の税制ではこのように外貨を経由すると為替差益に対して課税されてしまいますが、2016年からはいずれにせよ外貨MMFの為替差益にも課税されるようになるらしいので、それなら手数料がより安い方が有利であろうという目論見からの切り替えです。


外貨MMFまとめ131104


下が、ここまでの成績です。


米ドルMMF131104

(備考)
今月から、グラフ中の評価損益に売却損益も合算しました。

(感想)
為替は読めないというスタンスに変わりはありませんが、さすがにここ最近のレートを見て、11月の積み立てはお休みしました。
もし今後円高に振れることがあれば、そのタイミングで今月分も追加して投資するもよし、もしこのまま円安方向に進むのであれば、それはそれでしかたなしとします。

(予告)
まだまだ額は小さいですが、それでもみすみす税制改正のあおりを食らうのはなんだか悔しい気がするので、一つの出口戦略として以下のことを今後検証していきます。

それは、SBIカードの米ドル決済です。
・円に戻さずそのまま支払いに使えるのなら、為替差益もうまれず課税もされないはず?
・SBIネット銀行の0.09円というスプレッドも、一般的な他のカードの手数料に比べれば安い?


例えば三井住友VISAカードの場合は、外貨で決済した場合の換算レートは1.63%をプラスしたものを使うそうです。
Visa/Masterが決定したレートが1USドル=100円の場合…100円×1.0163=101.63円
対して、SBIネット銀行で米ドルを仕入れたとしたら、100円+0.09円=100.09円です。

ということで、来月のFC2BLOG Proの有料プラン(FC2はアメリカの会社なので、300円をドルで払う)で試してみます。

外貨MMFまとめ131106


ただし、今後このことを記事に書くにあたり、以下のような懸念もあります。

・やってみないとわからないことが多く、お得でない可能性もある
・まだたいした為替差益じゃない…
・そもそも、為替差益が出てないと課税の部分は検証できない
・SBIポイントは最大実質1.2%相当だが、漢方スタイルクラブカード等なら1.75%相当
・そもそも、年払いを選択した方がお得
・そもそも、FC2ポイントを購入すれば円で払えて手数料もかからない
・そもそも、この有料プラン必要?

これらに対するツッコミはご容赦ください…orz
ま、自分は米ドルで買い物する事なんてそんなにないんですけどね…


先が見えず、いろいろな要素を含んだ検証で答えは出ないかもしれませんが、長い目でお付き合いいただければ幸いです。


当記事は、2013年11月29日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「外貨建てMMF」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

2 Comments

Dr.CFP
「SBIカード」
米ドルのまま使えば、為替差益はかかりようがないので心配ないですけど、SBIカードは米ドル決済専用に使わないと、国内で日常の買い物にも使用していると翌月一括にしていても、米ドル決済の影響で勝手に国内での買い物の支払い残高が勝手にリボ払いに変更されてしまいますのでご注意ください。SBIではミニマムペイメントというらしいですが...
2013.11.30 16:08 | URL [edit]
コツコツ麻酔科医
「Re: SBIカード」
Dr.CFP さん

やっぱり、やってみないとわからないこともいろいろ出てきますよね。

今はメインは漢方スタイルクラブカードで、SBIカードは固定電話代とこのFC2であわせて月々1,000円程度しか使ってないので大丈夫だと思いますが、勝手にリボ払いにされたらたまったもんじゃないですよね。

今後、自分でもわかるところがあれば記事に盛り込んでいきます。

情報ありがとうございました。
2013.11.30 16:24 | URL [edit]

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/632-a6b98b12