ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 海外債券日記 >

Funds-i 新興国債券ヘッジ型の実質コストは意外と優秀?(Nov.2013)

Funds-iも、やっと運用報告書が更新されました。

インデックス投資日記@川崎
『野村インデックスファンドFunds-iシリーズ11ファンドの実質コスト』

(実質コスト計算だけでなく、多岐にわたるエントリーはさすが老舗。)

kenzさんに習って、自分も計算してまとめました。


新興国債券まとめ131101


自分が投資をしているFunds-i 新興国債券ヘッジ型は、この中では意外と優秀な方ですね。
年金積立の実質コストもどうなってるのか、運用報告書が待たれます。
下が、ここまでの成績です。



野村新興国債券ヘッジ131102

(感想)
絶賛下落中です。

運用報告書によると、この要因は以下のように書いてありました。

('13年5月上旬~期末)米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の早期縮小観測が高まったことを受けて、米ドル建て債券利回りが上昇(価格は下落)したことに加えて、新興国からの資本流出が進み、新興国債券(米ドル建て)の対米国国債スプレッド(利回り格差)も拡大し、新興国債券利回りが上昇(価格は下落)したこと
<ここまで引用>

なるほど…
ま、とりあえずついて行きましょう…




スポンサードリンク



当記事は、2013年11月09日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「海外債券日記」のトップをご覧ください。
関連コンテンツ▼

OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/625-bd85e099
COMMENT▼
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 海外債券日記 >
Funds-i 新興国債券ヘッジ型の実質コストは意外と優秀?(Nov.2013)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


RSS 
feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略でコツコツ世界分散投資を実践していくブログです。記事中のイラストは、フリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2017年始版~

関連コンテンツ

Today:
<<2017 / 05 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク
当ブログはリンクフリーです。

コメント

openclose


5月の更新予定
現在、週一回程度のブログ更新のため、積み立てても記事にしない場合もあります。

05日 たわらノーロード先進国リート
07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国株式
15日 たわらノーロード新興国株式
17日 NISA口座日記
不定期 海外債券日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記