ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 毎月分配型企画 >

いつもの毎月分配型企画と「分配金だけで元が取れたファンド」(Oct.2013)

いつもの毎月分配型企画です。
下の7銘柄を選び、フィデリティ証券のノーロードキャンペーンを利用してそれぞれに1万円ずつ、トータル7万円投資しました(色は自分が勝手につけてます)。
全て分配金再投資コースで、これ以上の追加投資はしません。


①ジャパン・ソブリン・オープン
②パン・パシフィック外国債券オープン
③DIAM世界インカム・オープン
④パインブリッジ新成長ダブルプラス
⑤アジア・オセアニア好配当株式オープン
⑥日興財産3分法ファンド
⑦DIAM J-REITオープン


下が、この趣味の世界の成績です。


毎月分配型131001

(感想)
すでにこれだけ税金を引かれてますが、最終的にこれは返ってくるのか?
しかもこんなに信託報酬が高くて勝機はあるのか?

もちろん、どんなに高コストで非効率であったとしても、売買のタイミングさえ上手くいけば「儲ける」ことができます。
それができると思っている人達は、コストがどうだのそんなセコイことは考えないんでしょう…
持ってみるのも一つの勉強です。


おまけ本当に、毎月分配型投資信託に投資するべきではないのか?(Sep.2013)

この中で「分配金だけで元が取れたファンド」を探したところ、フィデリティ・ハイ・イールド・ボンドAコースが見つかりました。
このファンドは購入手数料(上限・税込)が3.15%と高く、普通分配には税金もかかるので実際にはもう少し先になるかもしれませんが、ファンド設定当初に投資したままほったらかしにしている人は、16年後の今年には分配金だけで元を取ったことになります。


最近こちらの記事(→夢見る父さんのコツコツ投資日記『やはり私はインデックスがいい』)を書かれた夢見る父さんさんからは、コメント欄でこのファンドを紹介してもらいました。

野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月
野村 米国ハイ・イールド債券(レアル)毎月02
青線は分配金受取、モーニングスターより

18,773-7,873=10,900(円)の分配 > 10,000円
これなら、購入手数料と普通分配の税金まで考えても、この短期間で元を取っていそうです。
すごいですね!
あとは、減ろうが無くなろうが損にならない夢のような状態です。


しょうずいわゆるあずきさん(とおりすがり?)からは、途中からの投資なら分配金だけで元を取っているファンドとして、日興・AMPグローバルREITF毎月A(H無)を教えてもらいました。
自分には「設定来から投資をしてないと分配金だけで元なんか取れない」という頭があったので、これはすごく意外でした。

まず、設定来から今現在まで9年9カ月投資をした場合はこちら

<2004年設定時、基準価額1万円の時に投資>
日興・AMPグローバルREITF毎月A(H無)01
青線は分配金受取、モーニングスターより

13,773-4,513=9,260円分配 < 10,000円
これでは元は取ってません。

次に、途中の2009年から今現在まで4年8カ月投資した場合がこちら。

<2009年3月6日、基準価額3,508円の時に投資>
日興・AMPグローバルREITF毎月A(H無)02
青線は分配金受取、モーニングスターより

8,349-4,459=3,890円分配 > 3,508円
これは元を取れてます。

基準価額が下がっているところから投資をした方が口数が多いので、分配金も多く元が取りやすいという面白い結果になりました。

ただし、基準価額が下がっているところから投資をした方が「分配金が多いからお得」と言いたいわけではなく、そのほうが「分配金だけで元が取りやすい」というだけのことです。
(もちろん、基準価額が下がっているところから投資をした方がお得ですが、それは分配金のおかげではありません。)

簡単に言うと、10,000円の中から100円ずつ返してもらうのより、3,000円の中から100円ずつ返してもらう方が早く終わるというだけのことです。

そもそも分配金は、投資したお金(基準価額)を削って返してもらっているだけで、それ自体はお得なことではないので誤解なきように。
基準価額が下がりすぎたら、減配や、その先には繰上償還なんてことになるのかもしれません。


おまけの方が長くなってしまいました…




スポンサードリンク



当記事は、2013年10月13日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「毎月分配型企画」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/611-31dbf0a4

 ブルームバーグに米モルガン・スタンレーの素晴らしい先物ファンドが紹介されていました。リーマンショックでS&P500が大暴落。これに伴ってインデックスファンドが40%も下落しました。恐れをなした多くの投資家は同社のマネージド・フューチャーズ(商品・金融先物ファンド)、「モルガン・スタンレー・スミス・バーニー・スペクトラム・テクニカル」に流れました。同社のPR「株式や債券以外に分散投資をしたこ...

COMMENT▼
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 毎月分配型企画 >
いつもの毎月分配型企画と「分配金だけで元が取れたファンド」(Oct.2013)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記