ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

年金積立インデックスF新興国株式の積み立て中止!リレーする?(Aug.2013)

  CM:2 

ここまで、印のついた2つを積み立ててきましたが、今月から年金積立インデックスファンド海外新興国株式(以下、年金積立)に新たに投資するのはやめることにしました。


<まとめ>
新興国株式まとめ130801


その理由は下の3つです。


1.世界分散投資とはいえ、韓国や中国などの新興国にそこまで(現在アセットアロケーションの約14%)投資していいものかどうか不安があり、積み立て額を少し減らしたかった。

2.2つのインデックスファンドを積み立ててきたが、実質の信託報酬が高い年金積立の方から撤退したいと考えていた。

3.あとで信託財産留保を払ってまでリレーするぐらいなら、最初から低コストのETFでいいのではないかという思いがあり、そちらに徐々にシフトしていきたかった。


そして、eMAXISの1本に絞ることにしました。
下がここまでの成績です。
新興国株式130802

(感想)
というわけで、今月から5万円の減額となりました。

しかし、上にETFに徐々にシフトしたいと書きましたが、すぐにETFへの投資を開始するかどうか、またはリレーするかどうかについてはまだ迷ってます。

それは、SBIポイント(実質、最大0.24%)を得るためにSBI証券で保有している年金積立を売却したくないのと、このRockyさんのエントリーを読んだことによります。



自分はまさに、この中にある(1681)上場MSCIエマージング株や(1582)iシェアーズエマージング株ETFへの投資を考えていたのですが、これを見ると無理にリレーしなくてもいいのかなと思ってしまいます(もちろん自己責任です)。
それに、「信託報酬や信託財産留保額だけでは計りきれない"何か"がETFにはあるのでしょうか。」と言われると、確かにそんな気もしてくるから不思議です。


しばらくは相場の動向も見ながら積み立てを減額したまま様子を見ますが、軽減税率が終了する年末までにはこの新興国株式クラスをどうするのか結論を出すつもりです。

しかし、またまた行き当たりばったりですね…
投資成績を公開するだけのブログを運営するのも、結構プレッシャーなんですよ…



当記事は、2013年08月22日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「新興国株式日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

2 Comments

PSY
「ETFだと指値できるのでしょう?」
QE3終了の明確なスケジュールが決まれば、
新興国にばら撒かれていたUS$のうち、
投機的な短期マネーが一気に回収されて
表層雪崩が起こるんじゃないでしょうか?
(長期マネーは動かないと思いますが。)

麻酔科医さんがキンを始めた理由と同じく
そういうときこそ「バーゲンハント」の
チャンスだと思います。

まぁ、積立でやってる人間が書くので、
説得力一切なしですが。
2013.08.24 22:24 | URL [edit]
コツコツ麻酔科医
「Re: ETFだと指値できるのでしょう?」
PSYさんこんにちは。

> 表層雪崩が起こるんじゃないでしょうか?

いいですねー!


> 麻酔科医さんがキンを始めた理由と同じく
> そういうときこそ「バーゲンハント」の
> チャンスだと思います。

ならば、なおさら今は我慢ですかね…
じっと耐えよう…


> まぁ、積立でやってる人間が書くので、
> 説得力一切なしですが。

いえいえ、一言で「積立」と言っても、それをコツコツ続けるのは難しいですからね。
自分もまだまだこれからです。

勉強になります!


2013.08.25 18:36 | URL [edit]

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/577-6fd89c95