ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > NISA口座日記 >

カブドットコム証券でNISAをやったなら…(Aug.2013)

どこにNISA口座を作るか頭の中を整理しようシリーズ第三弾!
まだ制度自体が固まっておらず今後大きな変更もありえますが、現時点での考えです。


× 作らない…NISA口座を作らない?(Jul.2013)
◎ SBI証券…SBI証券でNISAをやったなら…(Jul.2013)
○ カブドットコム証券
▲ マネックス証券
▲ 楽天証券
× フィデリティ証券
☆ 松井証券
? その他

記号:◎本命、○対抗、▲単穴、☆大穴、×無印
注意:このレースは単勝のみです(たぶん)。
これは自分の勝手なレースとその予想であって、どこが一番おススメかを競わせているわけではありませんのであしからず…


今回は『カブドットコム証券』についてです。


○対抗をつけましたが、こちらでNISAをするならば、自分はフリーETFを購入します。

フリーETFのラインナップは下のとおりです。

MAXIS トピックス・コア30上場投信(1344)
MAXIS 日経225上場投信(1346)
MAXIS トピックス上場投信(1348)
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
国際のETF VIX短期先物指数(1552)
MAXIS S&P東海上場投信(1553)
SPDR® S&P500® ETF(1557)
国際のETF VIX中期先物指数(1561)
MAXISトピックスリスクコントロール(5%)(1567)
MAXISトピックスリスクコントロール(10%)(1574)


ETFには配当もあるので、その部分では非課税の恩恵を受けることができます。
例えば配当利回りが2%だとすれば、100万円×2%×20.315%=4,063円が非課税になります。

しかし、NISAが現在わかっている通りの制度になったとしたら、ロールオーバー=(イコール)税制上の利益確定になって逆に不利になる場合も出てくるので、その銘柄選択には慎重にならざるを得ません。
いくらフリーとはいえ、この中から何を選べばいいんですかね?

やはり、100万円の枠を有効に使えなくとも、今まで通り1346、1348、1550あたりをコツコツ時間的に分散するのが今の自分には無難な気がします。
そもそも、NISAを利用するために投資スタイルを変更するのもいかがなものかという感じですよね?


あと、(とりあえず)最初の1年間はこのようなキャンペーンもあるようです。

キャンペーン対象期間中、NISA口座における国内株式(現物株式・ETF・ETN・REIT)の買付手数料をすべて無料とします。
NISA130801.jpg
(注:クリックしても飛びません)
※電話でのお取引の場合は、所定の手数料が別途加算されます。
※プチ株はキャンペーン対象外です。
※売却時は所定の手数料がかかります。
※キャンペーン期間は約定日ベースとなります。
※現物株式は成行、指値、自動売買等の執行条件にかかわらず上記手数料が適用されます。
※特定口座・一般口座でのお買付は対象外となります。
(ここまでホームページより引用)

これを利用して1343や1345などのリートETFを買うのはありかな?

最近は「公社債投信も含まれるようになる…」なんて記事も見かけますが、外貨建てMMFもNISA内で購入できるようになれば(ならないかな?)、自分の中でカブドットコム証券がSBI証券を差し切るかもしれません。


色々書いてますが、複数口座を持てるようになるのかどうかも含めて、早く制度を決めてほしいものです。
次回は、『マネックス証券でNISAをやったなら…』です。




スポンサードリンク



当記事は、2013年08月04日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「NISA口座日記」のトップをご覧ください。

関連コンテンツ▼
OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/568-18845b09
COMMENT▼
所定の手数料が気がかり

往路(買付時)が無料であっても
復路(売却時)に通常の2倍の手数料を徴収する
料金テーブルになっていれば、
証券会社の懐は痛みません。
Re: 所定の手数料が気がかり

PSYさん

もちろん、所定の手数料=課税口座(特定・一般)の手数料なのでしょうけど、「買付手数料をすべて無料とします」は復路は有料であることに注意が必要ですよね。

ちなみに、手数料は(約定代金×0.09%+90円)×1.05 [上限3,874円]で、

5万円 141円
15万円 236円
25万円 330円
55万円 614円
100万円 1,039円
200万円 1,984円
400万円 3,874円
5,000万円 3,874円

のようになるそうです。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > NISA口座日記 >
カブドットコム証券でNISAをやったなら…(Aug.2013)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。




カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記