ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…
HOME > REIT >

東証REIT指数連動型上場投信とリートまとめ?(May 2013)

  CM:2 

もうほとんど売却してしまいましたが、今月もまだ少し残っているJリートETFの評価損益チェックです。


東証REIT指数連動型上場投信(1343)
東証REIT指数に採用されている銘柄または採用が決定された銘柄の不動産投資信託証券にのみ投資を行う。信託財産中に占める個別銘柄の口数の比率を対象指数における個別銘柄の時価総額構成比率から算出される比率に相当する比率に維持することを目的とした運用を行い、同指数に連動する投資成果を目指す。2、5、8、11月決算。

(以上、モーニングスターより引用)


下が、自分のここまでの成績です。


1305REITETF.jpg
(感想)
我慢できずに早々に利益確定してしまった自分にはもうどうでもいい話ですが、高値圏で揉みあって好調なJリートもそろそろという感じでしょうか?
しかし、好調な相場に置いて行かれないために、自分は国内REITインデックスファンドの積み立てを考えています。

そこで考えるのがいつ始めるかですが、タイミングを計らなくていいのがコツコツドルコスト平均法のいいところ?
「いつやるか?今でしょ!」

イヤイヤ、さすがにもう少し様子を見ます…

投資を始めたばかりの自分にとって、暴落が起きてもう少し低調な相場が来てほしいという気持ちはこのJリートクラスだけに限りません。
まだまだ投資余力も残してあります。

不謹慎かもしれませんが、同じように考えているインデックス投資家のみなさんも多いはず…

そのときのために、Jリートとついでに海外リートもまとめてみました。

<国内・海外リートまとめ>
1305REITまとめ訂正
2013/5/5 追記
(表の大切な部分に誤りがあり、訂正いたしました。申し訳ありません。)


Jリートは、信託報酬だけを見るとそれほど差はないようです。
あとは信託財産留保と好みですかね?

海外リートには今まで投資してきませんでしたが、EXE-iには注目しています。

(雑感)


さすがです。
かかさず読んでいる自分も、勝ち組投資家になれるでしょうか…orz?

ところで、この雑誌を読んで驚いたこと2点。

・MARS投資の広告が見開きで大きく載っていたこと。
これだけ広告すれば、そりゃだまされる人がたくさん出るはずです。
日経マネーも気まずいでしょうね…

・転換社債や分配型外国債投信や通貨選択型投信を利用して、20年で200万円を1億3000万円にして、今は毎月75万円の分配金を受け取っている主婦の話が載っていたこと。
こういう話はよくありますが、どのように受け止めればいいんでしょう?
もし本当ならとりあえず勝ち組なんでしょうけど、こういう記事を読んで分配金を利子かなんかと勘違いする読者がでてこないことを願います…
(税金を考慮しない単純な複利計算でも、年間23.3%程度の利回りが必要?立ち読みなので詳細が間違っていたらすみません…)


当記事は、2013年05月04日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「REIT」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

2 Comments

アフロ
「No Subject」
相場は上がるか下がるか読めませんよね~
コツコツ麻酔科医
「Re: No Subject」
アフロさん

コメントありがとうございますヽ(´―`)ノ


> 相場は上がるか下がるか読めませんよね~

ですよねー

特に自分のような素人が相場を読むなんて時間の無駄だと思ってますー


また今後ともよろしくお願いします!
2013.05.05 22:05 | URL [edit]

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/513-4753c02e