ますい画伯とインデックス投資?

インデックス投資をコツコツ実践していくブログです…

Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型@SBI証券(Feb.2013)

  CM:0 

今月の積み立てがありました。


『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012』第8位
Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型
新興国の公社債を実質的な主要投資対象とし、JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行ないます。債券先物取引等のデリバティブ取引および為替予約取引をヘッジ目的外の利用を含め活用する場合があります。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないます。

(以上、目論見書から引用)


下が、自分のここまでの成績です。


1302ヘッジ
(感想)
基準価額が下がったために、評価損益がマイナスになりました。

偶然ですが、積み立てのタイミングとしてはちょうど良かったかもしれません。
これからも、コツコツ積み立てていきます。


ところで、現在のポートフォリオ中でこのファンドの占める割合は2.8%です。

1302ポートフォリオ1
このままいくと、新興国債券の割合が大きくなりすぎてしまうので、将来的には5%を超えない程度に、積み立て額を調節していきます。


(雑感)
Twitterで「外貨建てMMFの為替差益非課税は風前の灯」とつぶやいている方がいらっしゃいました。
やはりそういう流れになっていくのであれば、ソニー銀行なんかも選択肢に入ってくるんですかね?
それとも、外貨建てMMF自体のうまみがなくなって、投資対象から外れるか…orz

参考:




当記事は、2013年02月07日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「海外債券日記」のトップをご覧ください。


スポンサーリンク

0 Comments

コメントする





管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/459-41b5c3dc