ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 毎月分配型について >

特別分配は得?(Jan.2012)

特別分配が出ても個別元本が下がるので、ナンピン買いしたような得した気になります。


特別分配によって個別元本が下がるのでお得だとしたら、いくら高づかみしても個別元本が削られるので心配ないということになります。

そんな仕組みなら、ずっと持ってればだいたい負けませんが、ホントにそうでしょうか?


ここで、2つのケースについて考えてみます。



誤解?

(グラフ1)のような場合には基準価額が10,000円から9,000円に下がっているのに、個別元本も同じだけ下がっているので損益は±0です。
これは、高づかみしても個別元本が減ったから助かった、ということではありません。

基準価額は分配ごとに200円ずつ削られたが、結局それを上回って上昇した、というだけのことです。
つまり、このケースは高づかみとは言いません。


(グラフ2)のケースはどうでしょう?
特別分配を出しながら基準価額も7,000円まで減っているので、最終的な含み損は2,000円です。
これが高づかみです。

(グラフ1)のようなケースを想像して、個別元本は減っていくものだから、高づかみしても問題ないと考えるのは危険です。


要するに、個別元本が減っているときには基準価額も下がっているので、分配によって個別元本が下がるのが得してる気になるのは間違っているということです。

これからも、いろんなケースについて考えていきたいと思います。




スポンサードリンク



当記事は、2012年01月08日のものです。
同一カテゴリの最新情報は、「毎月分配型について」のトップをご覧ください。
関連コンテンツ▼

OMATOME▼
Twitter.jpg
TRACKBACK▼
http://www.masuitousi.com/tb.php/256-e3c3c3b1
COMMENT▼
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  • 不適切、もしくは他者への敬意に欠けるコメントは承認しないこともあります。
  • 後に、記事中に引用させていただくこともあるかもしれません。

HOME


HOME > 毎月分配型について >
特別分配は得?(Jan.2012)

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


RSS 
feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略でコツコツ世界分散投資を実践していくブログです。記事中のイラストは、フリーハンドのマウスペイントです。

スマホ版へ
スマホ版へ



カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2017年始版~

関連コンテンツ

リンク
当ブログはリンクフリーです。

メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2015年3月15日号
「個人投資家 七転び八起き」


コメント

openclose


6月の更新予定
現在、週一回程度のブログ更新のため、積み立てても記事にしない場合もあります。

Today:
<<2017 / 06 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05日 たわらノーロード先進国リート
07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国株式
15日 たわらノーロード新興国株式
17日 NISA口座日記
不定期 海外債券日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記