ますい画伯とインデックス投資?

スポンサードリンク

HOME > 2012年05月

運用成績日記(May 2012)

素人なりの長期投資の行きつく先を見て楽しんでいただけたらと思います。

ここまでの投資



(国内株式)
信託報酬の安いニッセイ日経225インデックスファンドを積み立てています。
カブコムでフリーETFのMAXIS225(1346)とMAXISトピックス(1348)を低いところで指し値してあり、下がった時だけ少しずつ買い足していってます。

(国内債券)
SMT国内債券インデックス・オープンを積み立てています。
DLIBJ公社債オープン短期コースはホールドしています。
個人向け国債を保有しています。

(国内REIT)
ETFの、東証REIT指数連動上場投信(1343)と上場インデックスファンドJリート隔月分配型(1345)を保有して、分配を楽しんでいます。

(海外株式)
外国株式インデックスe(旧CMAM)を積み立てています。
カブコムのフリーETF、MAXIS海外株式(1550)を低いところで指し値してあり、下がった時だけ少しずつ買い足していってます。

(海外債券)
米ドル・豪ドルMMFを積み立て中です。ユーロは全額売却しました。
SMTグローバル債券インデックス(旧STAM)も、ユーロのリスクをあまり取りたくないことやポートフォリオの中の配分をもう少し下げたいことなどから全額売却しました。
確定売却益13,142円(税込)は表の「売却分、確定損益計」に足してあります。

(海外REIT)
毎月分配型のラサール・グローバルREITファンドは全額売却しました。
確定売却益41,448円(税込)は表の「売却分、確定損益計」に、
普通分配金12,270円(税込)は表の「普通分配、貸株、ポイント、他」に足してあります。

(新興国株式)
2011年9月~2012年3月まで積み立てていたeMAXIS新興国株式インデックスはホールドしています。
現在は信託報酬がクラス最安になった年金積立インデックスファンドを積み立てています。

(新興国債券)
DIAM新興国ソブリン通貨選択シリーズ<ブラジルレアル>に、ラサール・グローバルREITファンドで得た利益を投入しました。
フィデリティ証券のノーロードキャンペーンを利用しました。
勉強のつもりではありますが、リスクをおかして得たお金なので、大切に増やしていきたいです。

(バランス)
SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)は全額売却しました。
確定売却益7,196円(税込)は表の「売却分、確定損益計」に足してあります。




read more




SMT国内債券インデックス(May 2012)

SMT国内債券インデックスの積み立てがありました



SMT国内債券インデックス

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、国内の公社債。NOMURA-BPI総合をベンチマークとし、その動きに連動する投資成果を目標として運用を行う。運用の効率化をはかるため、債券先物取引等を活用することがある。5、11月決算。

(以上、モーニングスターより引用)




read more




DLIBJ 公社債オープン(短期コース) (May 2012)

DLIBJ 公社債オープン(短期)のチェック


もうずっと買ってませんが、一応チェックします。

DLIBJ 公社債オープン(短期コース)

主として国内の公社債へ投資。投資対象債券は、格付け機関による個別債券格付けがBBB-以上。格付けがBBBの債券組入上限は、原則としてポートフォリオの50%程度。ポートフォリオのデュレーションは原則として0年~3年程度の範囲で調整。
ベンチマークはNOMURA-BPI国債・短期(1-3)。3、9月決算。

(以上、モーニングスターより引用)




read more




外貨建てMMF積み立て方針変更!(May 2012)

外貨建てMMFはキャンペーンを利用して積み立て


今までは毎月1日の設定で積み立ててきましたが、方針変更です。
マネックス証券では時々スプレッド引下げキャンペーンが行われるため、今後はそのタイミングで積み立てることにします!
チャートを見ながら投資のタイミングを計るのは難しいですが、キャンペーンを利用するだけなら自分にもできます…


カブドットコム証券(以下、カブコム)とマネックス証券(以下、マネックス)で積み立てています。どちらも日興マネー・マーケット・ファンドです。

投入金額はそろえましたが、カブコムのほうが1ヶ月ほど早く積み立て始めたので、全く同じ条件というわけではありません。
(念のために、これはカブコムとマネックスのどちらがお得かという比較ではなく、私がどちらをうまく利用できたかを検証しているだけです…)

米ドルと豪ドルを積み立てています。ユーロはすべて売却しました。
カブコムは、例えば10,000円の金額指定をすると約定金額は9,999円になってマネックスと1円ずつ差がついてきてしまうので、米ドル10,001円と豪ドル50,001円の設定にしました。

マネックスポイントも、外貨建てMMFに付与されたものについては記録していきます。
月中平均残高(円)×0.08(%)÷12(ヶ月)÷5 が、その月にもらえるマネックスポイントです。10マネックスポイントは50(Suica、T、nanaco)ポイントに交換できます。

基本的にはマネックスのキャンペーンのタイミングで積み立てていくつもりです。

なぜ外貨建てMMF?管理報酬が年率0.91%は高くない?なぜ比較?といろいろ疑問もあるかもしれませんが、素人のする事ですので温かい目でのぞきに来ていただければ幸いです。




read more




年金積立インデックスF海外新興国株式(May 2012)

年金積立インデックスF海外新興国株式


年金積立インデックスF海外新興国株式の信託報酬が年0.8925%から0.5775%に引き下げられたので、eMAXISから積み立て変更しました。


eMAXIS 新興国株式インデックス

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、新興国の株式等(DR(預託証券)を含む)。株式の実質投資比率は高位を維持し、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。1月決算。

年金積立インデックスF海外新興国株式

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、新興国の株式(DR(預託証券)およびカントリーファンドなどを含む)。MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円ヘッジなし・円ベース)の動きに連動し、中長期的な信託財産の成長をめざす。原則として、為替ヘッジは行わない。11月決算。

(以上、モーニングスターより引用)

組入上位10ヵ国
1.韓国14.72% 2.ブラジル14.57% 3.中国10.63% 4.台湾10.45%
5.南アフリカ7.39% 6.ロシア6.30% 7.インド6.18% 8.香港5.16%
9.メキシコ4.60% 10.マレーシア3.23%

(以上、2012 年 03 月 30 日 現在、マンスリーレポートより引用)


read more




SMT グローバル債券ついに全額売却!(May 2012)

SMT グローバル債券を売却


ユーロのリスクをあまり取りたくないことや、リバランスの意味も含めてついに全額売却しました!


SMT グローバル債券

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、日本を除く世界の主要国の公社債。シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)をベンチマークとし、その動きに連動する投資成果を目標として運用を行う。運用の効率化をはかるため、債券先物取引等を活用することがある。原則として、為替ヘッジは行わない。5、11月決算。

(以上、モーニングスターより引用)

組入上位10カ国
1.米国(41.0%)、2.フランス(9.8%)、3.ドイツ(9.4%)、4.イタリア(9.2%)、5.英国(8.3%)、6.スペイン(4.5%)、7.カナダ(3.0%)、8.オランダ(2.6%)、9.ベルギー(2.6%)、10.オーストリア(1.8%)

通貨別組入比率
1.ユーロ(41.3%)、2.米国ドル(41.0%)、3.英国ポンド(8.3%)
4.カナダ・ドル(3.0%)、5.オーストラリア・ドル(1.5%)、6.その他(4.9%)

(以上、2012年3月30日マンスリーレポートより引用)




read more




ついに、通貨選択型に手を出しました!(May 2012)

毎月分配型企画の銘柄変更


ラサール・グローバルREITを全額売却!(May 2012)

で得た約5万円の利益を、通貨選択型投信に投資してみました!


新興国ソブリン通貨選択〈レアル〉

ファンドオブファンズ方式で運用。主要投資対象は、米ドル建ての新興国ソブリン債。投資対象国のファンダメンタルズ分析や個別銘柄のバリュエーション分析等により銘柄を選定する。ポートフォリオの平均格付けはB-格相当以上とし、高水準の利子収入の獲得と中長期的な信託財産の成長を図る。米ドルに対してブラジルレアルで為替ヘッジを行う。毎月5日決算。

(以上、モーニングスターより引用)

その約98%がケイマン諸島のエマージングソブリンファンドで構成され、選択した通貨(レアル)で米ドルに対して為替ヘッジして、米ドル建て新興国ソブリン債に投資するというわかりにくいものです。
途中で通貨を変更(スイッチング)することができるそうですが、その際は換金時と同様の費用・税金および各販売会社が定める購入時手数料・税金がかかります。(つまり買い替えと同じ?)

(ケイマンエマージングソブリンファンド国別組入比率)
1.ロシア  15.3%
2.ブラジル 15.0%
3.メキシコ 13.7%
(2012年4月27日基準)




read more





HOME


HOME > 2012年05月
関連コンテンツ▼

プロフィール


ますい画伯とインデックス投資?
since Oct. 2011


feedly.png


アラフォー麻酔科医のますい画伯が、コツコツ世界分散投資して1億円のポートフォリオを構築していきます。SBI証券をメイン口座に、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略を実践中。記事中のイラストはフリーハンドのマウスペイントです。


スポンサードリンク



カテゴリ
主要インデックスファンド一覧
REIT、バランスファンド一覧

openclose

アーカイブ(
当ブログについて ~2016年始版~

コメント

openclose


スポンサードリンク

リンク
当ブログはリンクフリーです。

12月の更新予定
現在、週一程度の更新のため、積み立てても記事を飛ばす場合もあります。

07日 ニッセイ225、三井住友TOPIX
10日 たわらノーロード先進国リート
13日 たわらノーロード新興国株式
24日 たわらノーロード先進国株式
不定期 NISA口座日記
不定期 毎月分配型日記
不定期 個人向け国債変動10
月末 運用成績日記